自分でも驚きました。

   もっと早くOCPに参加していればよかったと、

   心の底から思いました。」    滋賀大志望 Hさん

 

 

 

 

 

 

 

 

サービス開始初年度(2011年)、

2年目(2012年)と奇跡の事例が続出!

 

 

初年度から東大理3合格者を輩出!

2年目も東大合格者を輩出!(2年連続)

その他、難関大学・国家資格合格者が続出!

効果の実感率、驚異の100%

2年目で利用者が300名を突破

 

 

 

受験勉強の生産性を劇的にアップさせる日本初の「受験生向けオンラインコーチング」OCPとは?

 

 

 

 

こんにちは。早稲田集中力研究会の中西信博と申します。

       

 

早稲田集中力研究会 中西信博

 

              <中西信博プロフィール>

 

早稲田集中力研究会代表。早稲田大学教育学部教育学科卒業。創業40年の中堅進学塾・個別指導教室運営企業にて勤務後、大手有名予備校の大学受験関連本の執筆、企業人数百人の取材などに携わる。


2010年に開始したブログ「勉強の集中力が10倍アップする秘訣」は現在月間15万アクセスの人気ブログに。ブログ会員2000名、メール講座の受講者は5000名突破。著書・共著に「大学受験案内みんなが行きたい125大学」(東進ブックス)、「お店が流行る携帯クーポン活用術」(サイビズ社)など。


 

私(中西)は2011年の5月に、勉強において必要な要素の中でも、ダントツにもっとも重要である、

 

 

「自学自習における計画の達成率を高めること」

その1点だけに専門特化した、日本唯一の教育サービス

 

 

をリリースしました。そのサービスの名称を、

 

 

OCP(受験勉強オンラインコーチング・プログラム)

 

 

と名付け、日本初となる受験生向けのネットコーチング・サービスをスタートさせました。

 

 

                                                    画像はイメージです

 

 このOCPの詳細を説明する前に、まずは以下、ごく一部ですが、これまでにOCPを利用した受験生からのご感想を、原文のまま引用します。

 

 

あなたが受験生・高校生・資格試験受験生のいずれかに当てはまるなら、今からお伝えする話は、あなたの人生を劇変させる可能性が高いです

 

 

ここから下の文章を、必ずしっかりとお読み下さい。

 

 

あなたは今まで、これだけ多くの受験生から絶賛されている教育サービスを見たことがあるでしょうか?

 

 

それ以前に、あなたは、以下のご感想がすべて「正真正銘の本物」だいうことを、果たして信じることができるでしょうか?

 

 

 

たとえばOCP初年度の10月から「グループ制」を導入した、参加者のご感想としては・・・

 

 

(以下の内容は、当会に頂いたOCP参加者の長文のご感想から、一部のみを抜粋したものです。

 

各ご感想の全文は、本ページ下部からの「ご感想専用ページ」にて100名以上のご感想を掲載しておりますので、そちらをご確認下さい)

 

 

 

 「ここまで自分が変われるなんて」

 

まさか、ここまで自分が変われるなんて思いもしませんでした。OCPに参加して、良かったです。このまま入試が終わるまで続けて行きたいです。

 

「革命的な勉強補助システム」

 

このOCPは、革命的な勉強補助システムだと思います!!10年後にはこれが予備校と並ぶくらい出回っててもおかしくないと思います

 

「本当に画期的なシステムだと思います」

 

勉強そのものを教えて知識を高めるのでなく、勉強をする私たちを管理して、私たちの勉強に対する意識を高める。本当に画期的なシステムだと思います。

 

 「びっくりしました」

 

環境をほんの少し変えるだけで、こんなに自分も変わっちゃうんだ!って本当にびっくりしました。

 

 

 

 「ぞっとしますね(笑)」

 

もし、勉強時間4時間の私がOCPに参加せずに11月を迎えていたら…と思うとぞっとしますね(笑) (中略)ずばり、OCPに参加して良かったと思います! 

 

「私に本当にぴったり」

 

OCP最高です。の一言です(笑)このOCPプログラムは私に本当にぴったりで、参加して本当によかったです!

 

 「OCP様々です(^o^)!」

 

OCPで模試に向けて計画を立てて勉強したら、自己採ですが1ヶ月半で化学の記述模試20点上がりました!!\(^^)/OCP様々です(^o^)!ありがとうございます(^人^)

 

 

 「感動しました」

 

Todoリスト(やることリスト)を作って、自分が決めたことを最後までやり遂げることの素晴らしさに感動しました。

 

 

 

「本当に良かったです」

 

私はなかなか勉強がはかどらず、ずっと悩んでいたのですが、思い切ってOCPに参加してみて、本当に良かったです。

 

「必要不可欠なもの」

 

僕にとって、OCPは生きていくのに必要不可欠なものです。

 

 

 

OCP開始初年度の11月に開催され、その終了後、大勢の方にOCPにお申し込みいただいた

 

「OCP1週間無料体験キャンペーン」の参加者のご感想としては・・・

 

 

 

 「確実に、人生が変わったと思います」

 

1週間、このOCPを無料体験して私は確実に、人生が変わったと思います。大げさかもしれませんが、そのくらい、無料と言えどOCPの効果は絶大でした。OCPに参加できて、本当によかったです。

 

 

 「OCPのトリコになってしまいました」

 

OCP、想像以上でした。(中略)やる気がでて、自然に勉強できました。だから、勉強させられている感を全く感じませんでした。もう、OCPのトリコになってしまいました(笑)

 

 

「高二で出会えてよかった!」

 

この一週間を通して本当にOCPのすごさが分かった気がします!(中略)高二の今、OCPに出会えて本当によかったです!

 

 「最高勉強時間を簡単に越えてしまった

 

自分の最高勉強時間は簡単に越えてしまったし、一日に何十ページも集中して終わらせることができました。自分の中の常識がどんどん覆されました。

 

 

 

 「OCPは冗談抜きに革命です」

 

これからは、中西さんのことを、『革命家中西』(さん)と呼ばさせていただきます。OCPは冗談抜きに革命です。このシステムは最高や!

 

「効果は想像以上のものでした」

 

後から家族に聞いた話では、私の様子が明らかに一週間前と違っていたようで、家族は驚いていたところもあったようです(後でちゃんと説明しました)。OCPの効果は想像以上のものでした。参加させていただいて本当にありがとうございました。

 

「自分でもびっくりしました」

 

恥をかきたくない一心で、勉強時間が凄く増え自分でもびっくりしました。自分だってやればできるじゃんって。それに、こんなに勉強できるのに、むしろなんで今までできなかったんだろうって思いました。

 

「これほどまでに勉強の生産性が上がるとは」

 

私は今回OCPの1週間無料体験で数え切れないほど多くのことを学びました。OCPに参加することで、これほどまでに勉強の生産性が上がるとは本当に驚きです。

 

「もっと早くOCPに参加していればよかった」

 

勉強時間も本当に増えました。自分でも驚きました。(中略)もっと早くOCPに参加していればよかったと心の底から思いました。

 

 「今まで何をやってたんだ」

 

びっくりしました。今まで何やってたんだと思うくらいです。

 

「値段をつけられないほどの価値」

 

5000円分無料というOCPでしたが、自分としては 0(ゼロ) が一個増えるくらいの価値、長期的に見たら、priceless そのくらいの価値がありました。

 

 

「こんなに勉強したことはない」

 

過去に、こんなに勉強した一週間はありませんでした。笑

 

「人生で初めてでした」

 

今までの人生でこんなに計画を達成できたのは、この1週間が初めてでした。

  

「本当に怖いです」

 

OCPに出会えていなかったらと考えると、本当に怖いです。
私が変われる機会を与えてくださって本当にありがとうございました!

 

 

 

・・・・すいません、ご感想はまだまだ膨大な数いただいているのですが、さすがにキリがないので、このへんでやめておきます。

 

 

(初年度だけで200通以上届いたご感想の一部は、このページの最下部にも多数掲載しています。また、ご感想の全文は、当会ブログ「勉強の集中力が10倍アップする秘訣」にてご覧頂けます)

 

 

<2012年7月追記>

ご感想ページに、OCP2012年度第1期メンバー(5月参加者)の皆さんのご感想の一部(数十人分)を追記で掲載しました。

 

<2013年4月追記>

ご感想ページに、2012年度の利用者様の合格体験記・ご感想を追記しました。

 

<2013年5月追記>

ご感想ページに、受験終了後OCPを退会し、別の資格試験などで再参加される方(複数名)のご感想を追記しました。

 

 

 

 

 

開始9ヶ月で200通以上のご感想が届き、そのすべてが大絶賛の嵐

 

 

以前からの私のブログ・メルマガ読者さんの方は、上記のご感想をみても、

OCPはそういうサービスだとご存知ですからそれほど驚かれないと思いますが、

 

このページで初めてOCPを知った方は、

上記のご感想を読んでも、にわかには信じられないかと思います。

 

 

しかし、これらのご感想は、すべて間違いなく実際に過去2年にわたってOCPを利用された受験生・高校生・資格試験受験生の方から私あてに届いたものです。

 

 

さらに上記のご感想は、一人当たり1000文字~2000文字以上という膨大な量を書いてくれた皆さんの長いご感想から、1~2文だけピックアップしたものになっています。

 

 

このページには短文のご感想をたくさん掲載しておりますが、それでもまだ、私のもとに昨年届いた大量のご感想の、ごくごく一部にすぎないなのです。

 

 

今、私の手元にある実際のご感想の数は、サービス開始1年目にして、なんと200通以上にもなりました。

 

 

全員のご感想を合わせると、文字量にして何十万文字にも及んでますので、すべてを到底掲載できません。ご感想だけで何冊もの本になる分量なのです。

 

 

初年度の利用者が150名なのに、感想が200通以上もあるのは、1通だけでは書き足りず、あとになってから追加で感想を送ってくれた人や、合格体験記を別途送ってくれたりする人もたくさんいたためです。

 

 

しかも大変ありがたいことに、感想をくれた全員が、このOCPのシステムを大絶賛してくれています。

 

正直、こうなることはある程度予想していましたが、さすがにここまで大絶賛の感想が大量に届くと、システムを開発した私自身も驚かざるを得ませんでした。

 

 

 

初年度から2年連続で「東大合格者を輩出」「利用者300名突破」「効果の実感率100%」

 

 

 

2011年5月にリリースしたOCPですが、

 

初年度からOCPを利用した受験生の数は150名を突破し、2年目で300名を突破しました。

 

 

この間、当会の無料ブログ(ブログの会員数は2000名以上)をお読みいただいていた読者さんは、その経緯をよくご存知だと思いますが、

 

数多くの奇跡的としか言いようがない成績アップ、生産性アップ、勉強時間の向上、逆転合格の事例が続々と生み出されました。

 

 

結論から言いますと、参加した受験生の100%の方にその効果を実感していただけました(当会実施のアンケートより)。

 

 

「100%」という数字は信じられない方もいるでしょうが、このあとの説明をお読みいただければ、しっかりご納得いただけるかと思います。

 

 

その「効果」がどういうレベルのものであったかは、参加された400名以上の皆さまの感想がすべてを物語っております。

 

 

ちなみに、初年度5月から参加したOCP一期生からは、日本の最難関学部である

東大理3の合格者も輩出しました。さらに2年目も再び東大合格者が出ました。

 

 

この2年間でOCP利用者からは、その他難関国立・私立大学合格者も続出、さらに資格試験受験生からも、難関国家試験の合格者が数え切れないほど出ました。

 

 

これだけ多くの受験生が感動し、絶賛し、変貌を遂げ、勉強の生産性を劇的にアップさせたOCPとは一体どんなシステムなのか?

 

 

興味のある方は、以下のサービス詳細をぜひご覧いただきたいと思います。

 

 

 

先生から「知識を教えてもらう」ことだけが、本当にそこまで重要?

 

 

そもそも、なぜ私がOCPというサービスを始めたのかをまずは簡単にお話します。

 

 

言うまでもなく学校も塾も予備校も通信教育も家庭教師派遣も、どれもすべて受験において重要な役割を担っているわけですが、一方でそれらのサービスが担っている

 

 

「先生から教えてもらって知識を学ぶ」

 

 

という方法論が、あまりにも重視されすぎているのではないか?

 

受験で合格するために受験生にとって必要なサービスは、それだけではないのではないか?

 

 

そんな疑問を私自身がずっと持ち続けていたことに起因しています。たとえば、受験においては知識を身につけるだけではなく、以下のようなことも極めて重要なことなのです。

 

 

長期・中期・短期で、適切な目標を設定すること

合格するために必要な計画をしっかり立てること

計画を予定通り実行していくこと

予定通り実行できなかった時、適切に対処すること

毎日しっかりTODOリスト(やることリスト)を作成すること

週間目標を設定して、その達成状況を週末にチェックすること

一日の反省・振り返りをしっかりすること

毎日高いモチベーションで集中して勉強すること

 

 

 

などなど、あくまでごく一例ではありますが、こういった「知識を教えてもらう」以外の部分も、「知識を教えてもらうこと」と同じか、それ以上に重要なことなのです。

 

 

これまでブログでも何度か書きましたが、私は受験勉強の本質は、

 

 

「目標を設定し、計画を立て、確実に実行して行くこと」

 

 

だと思っています。

 

 

 

この受験勉強の「一番本質の部分」に目を向けたとき、その部分を徹底的にサポートしている受験生向けサービスが一体どれだけあるのだろうか?と長年思っていたのです。

 

 

残念ながら、私はそのような理想の教育サービスを、世間で見つけることができませんでした。

 

 

授業を通して「知識」を教えるだけの、塾・予備校・学校・家庭教師・通信教育では、

そういった「計画の実行力」を高める部分などは、ほぼまったくサポートできていないのです。

 

 

ところが、そのサポートされていない部分が一番重要なのではないのか?

 

自分が作った計画を、確実に実行できることをサポートするサービスが、日本中どこにもないじゃないか!?

 

 

そんなある種の義憤のようなものにも駆られた私は、受験勉強の本質の部分だとかねてから考えていた

 

 

「目標を設定し、計画を立て、確実に実行していくこと」

 

 

・・・この1点のみを徹底サポートすることに専門特化した、日本初となる受験生向けオンラインコーチングサービス

 

 

として、OCPを2011年5月にスタートさせたのです。

 

 

※IE(インターネットエクスプローラ)9で本サイトを閲覧されている場合、ここから下の表示が崩れて見える場合があります。

 

表示が崩れている場合は、FireFox、Googleクローム、Safariなど他のブラウザ、スマートホンで閲覧いただくか、もしくはIEでご覧いただく場合は、ブラウザ右上にある歯車マークを押して、「F12開発者ツール⇒ブラウザモード⇒IE8以前を選択する」と閲覧できます。

 

 

 

当然、日本中どこを探しても、受験生向けのオンラインコーチング・サービスなど存在しませんでした。

 

「受験生向けのコーチング」の必要性を説いている人も、日本中に誰もいませんでした。

 

 

そこで、私はまず「にほんブログ村」という大学受験のブログランキングで、常時トップ3位までにはランクインしていた当会のブログ上で、このOCPをスタートさせました。

 

そのサービスが、わずか数ヶ月のうちに受験・教育業界の誰もが目を見張るほどの大成功を遂げることなろうとは、当時まだ誰も気づいてませんでした。 

 

 

 

「人に見られている」・・・ただそれだけで、勉強はここまではかどる!

 

 

 

OCPのリリース後、2011年5月~9月にOCPに参加した受験生の飛躍ぶりは、すさまじいものがありました。

 

 

こうしてついに、「大学受験生にコーチングは合わない」と、それまで業界の誰一人として見向きもしなかった「受験生向けコーチング」が、ようやくOCPによって脚光を浴び始めたのです。

 

 

その一連の顛末に興味のある方は、当会のブログ「勉強の集中力が10倍アップする秘訣」

2011年8月~10月当時の過去記事をお読みいただければ、一連の詳細をご覧頂くことが可能です。

 

 

そこまで受験生が激変してしまうOCPとは、一体どんなサービスなのか?

 

 

このOCPというサービスを説明するうえで、まずその根幹となっている思想を1つだけ挙げると、それは

 

 

 「人に見られている感」パワーの徹底活用

 

 

です。

 

 

人間は「人に見られている」という環境のもとで物事を行うとき、「恥をかきたくない心理」が強烈に働き、物事を達成できる可能性が飛躍的に上がります。

 

 

 

某テレビ局の24時間マラソンで、あきらかに体力のなさそうなタレントさんや(少し前にはなんと70歳のタレントさんも完走しましたね)、完走が到底難しそうな人たちが、毎年見事に完走できてしまうのは、

 

 

「視聴者のみんなを励ましたいから」というよりも、「みんなに感動を届けたいから」というよりも、

 

 

「日本中の人に見られているのに、『アノ人、結局完走できなかったね』と思われたくない!!」

 

 

という「恥をかきたくない心理」の方が強烈に働いたからです。

 

 

あえてわかりやすい例を挙げましたが、ほかにもそんな例は山のようにありますし、

 

私が具体例をたくさん出さなくても、あなたもそのパワーが持つ効果はもうご経験からも十分ご存知かもしれません。

 

 

OCPの根幹思想を1つだけ上げるなら、この「人に見られてる感」パワーの徹底活用なのです。ただし、その徹底度と仕組みの精巧さが尋常ではないということです。

 

 

通常では考えられないレベルまで、それを徹底的に活用しています。よって、中途半端な気持ちでOCPに参加したり、

 

 

「ネットだけだから楽だろう。顔の見えないネット独特のゆるい感じで、いい具合に私を導いてくれるのだろう」

 

 

などと他者に依存する気持ちがあったり、なにか魔法のランプ的な、棚ボタ式で実力がつくシステムを想像して参加してしまった人は、OCPではついて来れなくなります。

 

 

つまり受験生なみに、切実感がない人が参加したら、とてもじゃないですがやっていけないほどキツイ仕組みなのです。厳格な規律とルールの元に動いているので、ごまかしが効かないのです。

 

 

が、それがゆえに、切実感がある人が参加すると、これ以上ないくらいに仕組みがその人に機能し、劇的な成果を上げることになります。

 

その効果の絶大さは、たったスタートから数ヶ月ほどの間に200通以上も寄せられた、受験生・高校生・資格試験受験生からのご感想が、すべてを物語っています。

 

(OCP初年度の利用者から頂いた200通以上におよぶご感想は、別途専用ページにて掲載しています)

 

 

「キツイ仕組み」と言っても、OCPでは勉強時間も、勉強の終了時間も、毎日のやることも、週間目標も、塾や学校とは違い、こちらからは何一つ、一切指定していません。

 

 

一切すべて、「目標は自分で決めてください」とOCPでは言っています。

 

 

なにかの道場合宿のように、先生が「朝は5時起床!!」「1日10時間勉強!!」「このドリルを今週中に終わらせろ!」みたいな、課題・指定・命令なども一切なし。

 

 

私がOCPメンバーに言っているのはただ1つです。

 

 

「自分が立てた目標を、完全に100%やり切ることにこだわって下さい」

 

 

たったこれだけです。

 

「目標は全部自分で自由に作っていい。だけど、それを100%達成するこだわりは絶対に失わないこと!」

 

と、OCPで私が伝えるのはたったこれだけなのです。

 

 

そして何より、OCPの仕組み自体が、ありとあらゆる角度から、

 

「自分が立てた目標を、完全に100%やり切ることにこだわる」ようにならざるを得ないシステム

 

になっています。

 

よって、必然的にもうすごい勢いで(笑)100%を達成することになってしまいます。

 

 

「今の現状を何とかしたい!」

 

「今も高い生産性で勉強してるつもりだが、

もっとすごい120%の生産性を発揮して確実に合格したい!」

 

 

毎回募集時に、OCPの唯一の参加条件としてあげているのが、このような志望校合格や自身の成長への「強い切実感があること」なのですが、

 

それはそういった切実感がない人ではとてもやっていけないシステムだからです。

 

 

逆に、一定レベル以上の切実感がある人は、その切実度合に比例して、このOCPのシステムで劇的な成長と生産性を手に入れることになります。

 

 

繰り返しますが、その効果の絶対性は、2年間で利用した数百名のOCP利用者が、自分たちの直接の経験でもって、あまりにも見事にそれを証明してくれました。

 

 

 

ティーチング(授業)やコンサルティングと

コーチングの違いとは?

  

 

 

OCPでは過去のアンケートで、参加者の100%が効果を実感したという驚くべき結果が出ています。

 

ふつう、こんな数値は出ません。むしろ胡散臭く思われるので、94%くらいのほうが良かった気がします(笑)

 

 

有名予備校の人気講師の方の授業でも、受講してる全生徒から100%の指示を得ることは極めて困難だと思われます。

 

 

なぜなら、いろんな意味で、勉強スタイルや授業スタイルというのは人それぞれ違っているので、授業そのものがどんなに素晴らしいものだったとしても、生徒によって相性が合う合わないが出てしまうのです。

 

 

実際、私が予備校生だったときも、人気講師と呼ばれる人の授業を受けたのに自分には合わなかった、という授業もありましたし、逆にそんなに人気ないけど、すごく相性があった授業というのもありました。

 

 

自分という人間の外側から、別の人(先生など)によってある特定のスタイルを提供された場合、どうしてもそれに合わない人は出てきます。

 

 

ところが、OCPが基盤にしているコーチングという手法は、外側から何かを提供するというよりは、

 

 

その人の内側にある能力を引き出す

 

 

というのが、基本思想となっています。

 

よくコーチングの話をする際に

 

 

ティーチング(授業)とコーチングの違い

 

コンサルティングとコーチングの違い

 

 

という点が話題になるのですが、これはようするに、上記のように同じ受験生向けの勉強サポートでも、

 

 

「外側から知識を提供するアプローチ」

 

 

 

なのか

 

 

「内側から能力を引き出すアプローチ」

 

 

 

なのか、という違いがあるのです。このあたり、詳しく話すと必要以上に長くなるのでやめておきますが

 

 

「内側から能力を引き出す」

 

 

というコーチングという手法は、ビジネスの世界では今ではかなり当たり前に、社会人の企業内研修などで実施されてます(私自身も何度受けたかわからないくらいです)

 

 

ようは何を言いたいのかと言いますと、コーチングというのは「内側から能力を引き出すアプローチ」なので、それを受けること自体は、個性のある先生の授業のように「合う、合わない」といった次元の話ではなくなってくる、ということです。

 

 

結果、「効果を実感した率100%」などという、通常のサービスではありえない驚異的な数字が出るわけです。

 

 

ただ、そうはいっても、一般的に企業社会で実施されているコーチングのやり方をそのまんま取り入れても、

 

 

「受験生が住んでいる世界(学校や塾など)では、コーチング文化が

まったくと言っていいくらいに無いので、

 

よほどのことがない限り受験生向けのコーチングなんて、受け入れられないだろう」

 

 

ということで、随分とその「仕組み化」に苦労しました。

 

 

前代未聞の「受験生向けコーチング」への挑戦

 

 

今でこそ、昨年にOCPが日本で初めて「受験生向けのコーチング」を大成功させたことによって、ようやく受験生へのコーチングの効果が多少知られるようになってきましたが、

 

 

当時は「受験生向けのコーチング」と私がいくら言っても、受験生も高校生も、その親御さんも受験・教育業界の方々も、誰も見向きもしないような状況でした。まだわずか1年前の話です。

 

 

それでも、私のそれまでの膨大なコーチングの経験と研究で、「受験生こそ、このコーチングのパワーを利用すべきだ」という固い信念を持っていましたので、

 

 

どんなに見向きもされなかろうと、諦めず、ただひたすらに、この業界の誰一人として始めようとしなかった前代未聞の「受験生向けコーチング・プログラム」のシステム開発をして行ったのです。

 

 

それがようやく完成して、2011年5月にOCPをリリースしてからも、さらに受験生向けのアレンジをいろいろ加え、仮説→実行→検証→仕組み化を何度も何度も繰り返し、

 

 

最終的に2011年10月より、さらにその後OCPのメインシステムの1つにもなった「グループ制」を核とした新しい仕組みを導入し、バージョンアップしたOCPとなりました。

 

 

このグループ制のシステムも、スタート初月の2011年10月から驚くほどの大成功を収め

 

昨年2011年度のOCPは、受験生向けに初めてコーチングを導入したプログラムということでお問い合わせが殺到し、受験・教育業界の誰もが目を見張る大成功に終わりました。 

 

 

 

知られざる「コーチング」の威力とは?

 

 

これまでOCPに参加したメンバーから何度も言われたのが、

 

 

「参加する前に想像してた以上に効果がありました!!」

 

 

という言葉。「想像してた以上」「思ってた以上」これを本当によく言われますが(このページ内のご感想にもたくさん書かれています)、その気持ちはとてもよくわかります。

 

 

「勉強内容や目標を毎日報告するだけでしょ?それだけで、そこまで効果があるの?」

 

 

とつい思ってしまうわけですね。詳細を知らない方は、当然そう思うはずです。

 

 

しかしこのシステム自体は私が開発しましたが、その根幹となっているいくつもの理論は、私の直感で作ったようなものではなく、すべてコーチング思想を始めとする、心理学や行動科学などの学術的・実証的な裏付けがあるものばかりです。

 

 

よって、何かたまたまの偶然が重なって、OCPの参加者が受験勉強の生産性をアップさせているのではなく、しっかりとした理論的裏付けのもと「勉強の生産性が上がるべくして上がっている」のです。

 

 

しかし知らない方は「なぜ『見られている』だけで、そこまで効果が出るの?」

 

 

と思ってしまうわけで、「参加してみて初めてその本当の効果・威力を実感できる」という側面が極めて大きいというのが、OCPの特徴の1つなのです。

 

 

「OCPって、ようはネットで報告するのがメインみたいだし、まあだいたいこんな感じなんだろうな~」

 

 

とあなたが頭の中で想像した「OCPってだいたいこんな感じかな」というイメージは、実際に体験した場合の感覚とは、大きくズレていると考えてほぼ間違いないと思います。

 

 

昨年実験的に行なったOCP1週間無料体験キャンペーン」という企画があるのですが、ここで初めてOCPを体験利用した受験生たちも、口々に

 

「イメージしていた以上のすごい効果だった!」

 

と話してくださり、その後大勢の方がOCPにお申し込みくださいました。(この無料体験参加者のご感想も下部に別途記載)

 

 

 

OCPは「勉強ができない人向け」のシステムか?

さらに、ここで1つだけ強調しておきますと、OCPは

 

 

「勉強が出来ない受験生が結果を出すためのシステム」

 

 

などではありません。ここ、ときどき勘違いされやすい点です。

 

 

というのは、過去これまでに数多くの、勉強を一人ではまるでやれなかった受験生が、尋常じゃないほど別人レベルまで変身してしまう事例が何度も何度も続出したので

 

 

ちょっと私がそういう事例をアピールしすぎたためか、「出来ない受験生向けのお助けシステム」的な誤解をされている人も若干名いらっしゃったようです(そういう問い合わせをいただいたこともあります)。

 

 

が、コーチングというのは、決して「出来ない人を救う」だけの手法などといったものではありません。

 

 

世界中の経営者・政治家・トップビジネパーソン・大学教授・一流スポーツ選手など、超一流の人たちの多くがコーチをつけてコーチングを受けています。

 

 

受験生はさすがに知らない人が大半だと思いますが、日本中の一流企業のほとんどが、コーチングを導入しています。つまり、あらゆる業界のトップで活躍する一流の人たちが、コーチングを受けているのです。

 

 

なぜなら、コーチングを受けることで、自分一人ではとうてい到達することができない、最高の結果を出すことができるからです。

 

 

 OCPの一期生からは、すでに東大理3という、日本の最難関大学の最難関学部に合格した生徒も出ています。

 

2年目の2012年度も東大生を輩出し、サービス開始から2年連続で東大合格者が出たことになります。

 

 

その他、難関国立・私立大学はもちろんのこと、難関国家試験に合格した資格試験受験生まで、初年度・2年目ともに奇跡の逆転合格者が続出しました。

 

 

つまり、OCPを含めコーチングというのは、けっして

 

 

「出来ない人のためのお助けシステム」

 

 

などという次元のものではないということですね。

 

 

もちろん、そういう「出来ない人」「自信がない人」などにも、絶大な効果を発揮します(これも数え切れないくらい事例があります。詳細は感想欄をご覧ください)。

 

ただし、そういう「できない層の人たちだけに適した手法」などでは決してないということです。

 

 

  

なぜ、私はすべての受験生・高校生・資格試験生に、OCPを強く勧めるのか?

 

 

たしかに「勉強をやらないといけないと思っているのに集中できない」など、そんな「やる気が空回りしている」ようなタイプの人であれば、OCPは絶大な効果を発揮します。

 

 

そして、それとは逆のタイプで

 

 

「自分一人でもかなりの納得度で勉強できるが、

目標の達成度90%を100%に、100%を120%にするために、OCPを受けている」

 

 

そんなメンバーも少なくありません。難関大学を目指す、やたらと出来るタイプの受験生たちがたくさんOCPを受けていたのは、そういう理由が大きいのです。

 

 

このタイプの人たちは、自分一人でも、すでに十分なほど勉強ができる人たちばかりです。と同時に、5%、10%の生産性のアップが、どれほど重要な意味を持つかを彼ら彼女らは誰よりも知っています。

 

 

95%まで自分一人でできるなら、コーチングなんていらないじゃん」

 

 

これは5%の恐ろしさをまるで理解していない人の言葉なのです。達成率を数%でも上げていく勝負に、どこまで真剣になれるかが、受験の結果を左右します。

 

 

目標の達成率95%が100%に、100%が105%に、105%が110%に・・一人では決して出来なかった最後の5%アップの生産性が命運を分けます。この差で勝負が決まるのです。

 

 

トップスポーツ選手や超一流の結果を出している人たちは、その5%、10%がいかに大きな意味を持つか知っているので、コーチングを受けます。

 

 

受験生も1点の差で、合否がわかれることも少なくありません。1点差で泣いた受験生は毎年何千、何万といることを知っておく必要があります。

 

 

ちなみに、私のブログの読者さんで1点差で東大に落ちた人もいましたし、私の友人で1点差で司法試験に落ちた人も実際にいました。

 

 

1点や1%といったわずかな目標達成率の違い、生産性の違いの怖さを知っている人は、「自分一人でもそこそこ勉強できるし、コーチングなんていらない」などとは間違っても言わない(というか言えない)のです。

 

 

たぶん、ここが理解できるかどうかが、相当大きな分かれ目になるかと思います。

 

 

 

OCPのサービス概要について

 

では、ここからは、OCPのサービス詳細についてご紹介していきます。

 

 

 

OCP(受験勉強オンラインコーチング・プログラム)の3大ポイント

 

 

OCPは、教育サービスとしては例にないほど、非常に精巧かつ緻密な設計のもとに作られており、

 

細かく分けるとOCPのサービス内容やシステムは多数ありますが、

 

大きく分けてOCPは以下の3つのポイントに分類されます。

 

 

       1、毎日の各種報告

 

     2、週間目標の報告

 

     3、グループ制システム

 

 

 

  では、それぞれ簡単に解説します。

 

 

 

 

1、毎日の各種報告

 

 

OCPでは、この「毎日の報告」をもっとも重視します。この毎日の報告」がすべてと言っても過言ではありません。私はよくメンバーにOCPは報告が命」と言ってます。

 

 

この報告こそが、あなたのモチベーションと勉強の生産性を最大化させるカギを握っているのです(詳しくは下記)。

 

 

したがってあなたがOCP参加中は、毎日以下の各種報告をグループメンバーやOCP全体にしていただきます。

 

 

 

 勉強の開始前

 

まず、勉強を開始する前(できれば「前日の夜」がベスト)に、その日にやる勉強のTodoリスト(やることリスト)を箇条書きで報告してもらいます。

 

 

Todoリストを作成しないで勉強を始めると、恐ろしいくらいムダ・ムラだらけの時間の使い方をしてしまうからです。

 

 

■報告項目1 「今日のTodoリスト」

 

  

 上記の通り、あなたがその日に勉強する予定を箇条書きで報告していただきます。この1日のTodoリストの達成率を高めることが、受験を成功させる鍵を握ります。

 

 

このTodoリストは、グループメンバーはもちろん、全メンバーがお互いの内容を見ることができるため、他のメンバーのTodoリストを見て

 

「うわーみんな頑張ってるな!俺(私)ももっと頑張らないと!」


と強く刺激を受けることができます。他人のTodoリストを閲覧したり、お互いに閲覧し合うその効果の高さは、すでにOCP参加者の多くの証言で明らかです。


 

 

 

■報告項目2 「宣言・意気込み」

 

 

その日1日をどのように過ごしたいか、あなたの意気込みを簡単に報告してください。

 

 

気合いが入っているから、意気込みが書けるのではありません。意気込みを書くから、気合いが入るのです。やる気があろうとなかろうと、無理矢理にでもここに前向きな言葉を書いてみんなに見てもらいます。

 

 

これは、自分で自分をのせて行くための「1日の宣言」です。

 

 

※ここに書かれてある項目・機能は、ごく一部のものです。詳細は、参加メンバーに別途お伝えします。

 

 

 

勉強終了時

 

 

1日の勉強が終了したら、グループのメンバーに向けて、今日の勉強結果を報告していただきます。報告する内容は以下の通り。

 

 

 

■報告項目1 「Todoリストの結果」

 

 

前日の夜に箇条書きでみんなに報告したTodoリストの結果を書き込みます。

 

項目ごとに、できたもの、できなかったものをチェックして頂きます。

 

※チェック方法の詳細は、参加メンバーに別途お伝えします。

 

 

 

■報告項目2 「Todo達成率」

 

 

上記の結果から、1日のTodoの達成率を報告します。

 

 

日々の予定の達成率が「○%」といった形で具体的に数字で出ることで、

 

 

「なんとなく今日はできた感じ( ´∀`)/~~」

 

「なんとなくできなかった気がする(´-`) 」

 

 

といった漠然としたイメージだけで振り返ることを防ぎ、しっかりと現実を受け止め反省し、翌日へ活かして行きます。

 

 

※達成率の計測方法などの詳細は、参加メンバーに別途お伝えします。

 

 

 

 

■報告項目3 「勉強時間」

 

 

1日の勉強時間が、合計何時間だったかを報告してもらいます。

 

さらにその日1日の勉強時間を、1クリックで記録として残していくため、

 

「今週(今月)は、今までどれくらい勉強しているか」という「今週の総勉強時間」「今月の総勉強時間」が、いつでもすぐに一覧として見ることができます

 

 

たとえば木曜日であっても「今週は、今日まで合計○時間勉強したな。土曜日まであと○時間は勉強しよう!」といった形で、

 

具体的に総勉強時間がわかるため、自然に振り返り・反省ができるようになります。

 

 

また、頑張った週には「今週は合計で○○時間も勉強できた!」と、その一覧を見ることで励みにもなりますし1ヶ月単位で勉強時間の集計も出ますので、月末に「今月は何時間勉強できたか」も一目瞭然でわかるようになります。

 

 

 

■報告項目4 「今日の振返り・反省」

  

 

その日1日を振り返り、良かった点、悪かった点、気づいたことなど、何でもいいので今日の総括を記入します。

 

 

毎日その日1日を振り返る作業を行うことは、おそらくあなたが思っているよりもはるかに重要な作業です。

 

 

ある一代で大企業を築き上げた経営者は、成功した最大の理由が「毎日その日の振り返りをしっかり行ったこと」と語っているくらいです。

 

 

人間、反省すべき点が何一つない日など、まず存在しません。どんなささいなことでもその日の反省点や失敗などを書き出して、振り返りの作業を行っていく。

 

 

毎日の「振り返り」というこの小さな積み重ねが、驚くほど大きな結果を生み出します。

 

 

自分一人だと、なかなかこの「重要だけどめんどくさい」作業である反省・振り返りを行うことは難しく、つい怠けてしまいがちです。

 

 

が、OCPではこれを厳格なルールとシステム体制の中で行いますので、(良い意味で)強制的にやらざるを得ない環境が用意されています。

 

 

こうして日々振り返りを行なっていく習慣をプログラムの中で身につけることで、早ければ数日~1週間以内、どんなに遅くても1ヶ月以内には、あなたは自分の確かな成長を実感することができるようになります。

 

 

 

 

その他の報告

 

■報告項目 「今週のテーマ」

 

 

あなた自身にとって今もっとも必要だと思われること「今週のテーマ」として設定し、その1週間毎日計測していきます。

 

 

<今週のテーマ実例>

 

「勉強開始30分で、前日の復習をする」

「移動時間に世界史のプリントを見直す」

1日最低20分英単語」

「夜1時までに寝る」

「帰ってご飯食べたらすぐ勉強机の前に座る」

 

  

------------------

 

 

※以上のすべての報告は、急用・休日・体調不良など、当日何らかの事情がある場合は、事前に申告をしていただければ報告の休みはいつでも可能です。

 

体調不良や用事があるのに、報告を強制するようなことは一切しませんのでご安心ください。

 

 

 

 

2、週間目標の報告

 

 

 

OCPは1日の目標(TODOリスト)」「週間目標」2つの目標設定を基盤にしたプログラムです。

 

 

1日のTODOリストは当然としても、なぜ「週間目標」なのでしょうか?

 

 

実は、目標には1日単位の目標から、

 

週間目標、隔週(2週間ごとの)目標、月間目標、数ヶ月単位の中長期目標

 

と、時間別にみるといろいろあるわけですが

 

 

「緊張感を持って、目標を意識し続けられる期間」

 

 

として最適なのが、この週間目標だということが、当会のこれまでのOCPメンバーへのヒアリングで判明しています。

 

 

また、毎日のTODOリストというのは、見積もりミスや突然の用事、体調不良などで100%が達成できなくなることもありえます。

 

 

しかし、週間目標というのは1週間かけてつじつまを合わせればいいわけです。

 

 

仮に1日のTODO達成率が100%を切る日があったとしても、1週間トータルで辻褄を合わせて、毎週しっかりと週間目標を達成できていれば、中長期的な勉強計画としてそれほどの遅れは出なくなります

 

 

よってOCPでは、1日の目標(TODOリスト)と同時に、

 

 

1週間でどれだけ目標を達成できたか」

 

 

という点のチェックにも、最大限に力を入れています。

 

 

報告の流れとしては、毎週末に翌週の週間目標をまず報告していただきます。1週間は月曜日~土曜日を1つの単位とし、

 

 

▼水曜日の勉強終了後に中間報告(途中経過の報告)

 

▼土曜日の勉強終了後に結果報告

 

 

をしてもらいます。もちろん週間目標は何個作ってもOKです。

 

 

ちなみに、水曜日に「中間報告」をしてもらう理由は、週の真ん中の時点で週間目標がどれくらい進んでいるかを報告することで、

 

 

「このままだと間に合わなくなるかも!?」「よし、このまま行けば順調に達成できる!」

 

などと、定点チェックの機会を持つことで、前半3日間の反省と同時に、後半3日間にどの程度頑張ればいいかの進捗ペースがつかめるからです。

 

 

これにより、週間目標の達成が手遅れになるのを未然に防ぐことができ、1週間の計画の達成率を高めていくことができます。

 

 

もちろん、この週間目標は何個作っても自由です。あなたの勉強計画の都合に合わせて、好きな数だけ週間目標を作成してくださいOCPでは多い人で15個以上の目標を毎週作っている人もいます。)

 

 

また、当然ですが、週ごとに目標の数が変わっても問題ありません。あくまで1週間単位で計測していく仕組みです。

 

 

 

■ご褒美の設定・報告義務

 

 

上記のとおり、OCPでは「週間目標」を重視します。

 

 

この週間目標を達成できた場合には、事前に設定した「自分自身へのご褒美」をしっかりと味わっていただきます(笑)。

 

 

 ご褒美を設定することがやる気・モチベーションを大きくアップさせることは、行動科学や心理学でも認められています。

 

 

何より、これまでのOCPメンバーにおいても、目標を達成したときのご褒美の設定が、勉強のやる気を大きく促進していることは、メンバーの毎週の数々の証言からも明らかになっています。

 

 

このご褒美の内容は、もちろんグループメンバーに告知され、全OCPメンバーがあなたのご褒美を閲覧できます。

 

また、OCPメンバーが今週どんなご褒美を設定しているのか、まとめて一覧で見ることも可能です。

 

 

  

   

 

 

3.グループ制システム

 

 

2011年10月から新たに導入したこの「グループ制システム」は、

OCPのサービスの中でも最大の目玉と言えます。

  

 

これにより、「他のOCPメンバーからの見られている感」に加え、

 

 

「グループの仲間から見られている感」

  

 

という、いわば仲間とのいい意味でのライバル意識による適度な緊張感のある刺激の中で、勉強のモチベーションを下げることができない環境に、あなたの身を置いてもらいます。

 

しかもこのグループ制は、志望大学別・志学部別・資格試験別など、同じ目標を目指す仲間と一緒のグループに参加できます

 

 

これまで実際にあったグループは、たとえばですが

 

「東大志望グループ」「医学部系グループ」「早稲田大学志望グループ」「都内私立大学志望グループ」

「西日本国立大学志望グループ」「東日本国立大学グループ」「社会人再受験グループ」「資格試験別のグループ(司法試験、税理士試験、会計士試験、簿記試験、FP試験、社労士試験、行政書士試験など多数)」「マイナー資格グループ」「アラフォー資格試験グループ」「子育て主婦グループ」「高校2年生グループ」「高校1年生グループ」

 

などなど、あらゆるバラエティに富んだグループがあります。

 

(もちろん志望校が未決定の方や、高校1~2年生の方もこれまで多数ご参加いただいていますので、そのような方もご安心ください。また昨年は中学3年生も参加していますので、高校受験生のご参加も大歓迎です)

 

 

このようにおおよそ同じ系統の大学、学部別、資格別に分かれるので、グループの結束が非常に強まります

  

 

このように志が同じ(もしくは近い者)同士がグループを組むことで、グループ仲間との結束と個人のモチベーションは極限までアップします。

 

 

こういった団体で物事に取り組むことによるモチベーションアップ効果は、私自身も過去の数々の経験から実証済みですし、またあなた自身も部活や体育祭、文化祭などの何らかのイベントで経験したこともあるかと思います。

 

 

何より昨年10月以降、OCPのメンバーはほぼ全員がこのグループ制の絶大な効果を認めてくれています

 

 

「グループ制は本当にすごい!」「この制度がなかったら、もっと早く挫折していたかも」そんな声をこれまでメンバーから何度も頂いています。 

 

  

 「ちょっと頑張ったら、みんなが気づいて褒めてくれる」

 

自分が勉強をやっただけ、グループのみんなが自分のことを認めてくれる。ちょっと頑張ったら みんなが気づいて褒めてくれる。そんな環境が本当にプラスになりました。(中略)

 

もし、自分ひとりで日記とか手帳とかつけてたとしても、自分の感想にコメントくれる人なんて当然いないし、ちょっとしたことでも反応してくれる人なんていないですからね

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、グループ仲間以外の他のOCPメンバーからも、あなたの勉強結果は全メンバーに公開されており、どのメンバーからも常に閲覧されています。したがって、

 

 

グループ仲間からの見られている感

他のOCP生からの見られている感

OCP運営側からの見られている感

 

 

 

 

という全三方向からの「人に見られている感」で、あなたの勉強に向かうモチベーションと生産性は、最大限までアップさせることができるのです。

 

 

 

一生の親友ができる

  OCPの新・グループ制システム

 

 

OCPでは 時々「グループ替え」を行います。

 

 

ただし、一度同じグループになった人との仲間関係は、

グループ替え後もその関係を継続できるシステムを新たに構築しました。

 

                                  

            画像はイメージです

 これは初年度のOCPにはなかった新しいシステムになります。

 

よって、一度同じグループになった仲間とは、受験終了まで継続的につながりを維持していくことが可能です。

 

 

つまり、OCPに参加すれば、グループが替わるごとに、あなたは“濃い絆で結ばれた受験仲間”を増やしていくことができるということなのです。

 

 

受験終了までに、同じグループとしてすごす濃い受験仲間だけでも、数十人単位で作ることができるでしょう。

 

 

もちろん、大学合格後には、OCPで絆を深めて仲良くなった友人たちと、引き続き連絡を取り合ったり、実際に会って交流を深めることもあるでしょう。

 

 

このように共に戦う受験仲間が増えることは受験生活の充実度と直結しますので、非常に重要なポイントであり、OCPに参加する大きなメリットの1つです。

 

 

 

 「自宅浪人生や一人で勉強している人に強くお勧めです」

 

やはり一番は、志望校や勉強の中身が違っても同じように不安を抱えながらも勉強に取り組んでいる、「毎日一緒に戦っている仲間がいるんだ!」ということを日々感じられたことですね。

 

特に一人ではモチベーション維持の難しい人、自宅浪人生や一人で勉強している人にはOCPを強くお勧めしたいです。

 

 

 

 

 

OCPと他の教育サービスとの最大の違い

 

 

 

OCPのサービス概要は以上になります

 

(ここでご紹介している内容は、あくまでOCP概略です。ここでは公開できない仕組み・機能も多数あるため、サービスの詳細なシステム・ルールについては、参加された方にのみお伝えしています)。 

 

OCPと一般的な教育サービスの最大の違いは、知識の提供」をメインにしていない点です。塾も家庭教師も通信教育も、形態こそ違いますが、すべて「知識の提供」がメインのサービスです。

 

しかし、OCPはこの教育業界の常識とは全く違うコンセプトで受験生をサポートします。

 

OCPというのは「計画の実行力を極限まで高めること」、ただその1点のみに専門特化したプログラムなのです。

 

 

おそらく、この「計画の実行力を高めること」という点において、OCPの右に出る教育サービスは、世の中に存在しません。それはもう私から解説しなくとも、過去2年間に参加された数百名ものメンバーのご感想を読んで頂ければ、一目瞭然かと思います。

 

 

上にも記しましたが、これまで受験・教育業界は「知識(コンテンツ)の提供」のみに偏りすぎていました。

 

 

塾・予備校・家庭教師・学校が提供する「授業」も、本や情報教材になっている「勉強法」、「各種のノウハウ」も、すべて「知識の提供」という意味では同じです。

 

 

そして、「知識の提供」ほど、受験生に喜ばれ、いっけんすると「何か実力がついた」と錯覚してしまいがちな商品もありません。よって事業者側も知識を売ることを中心に考えてしまう傾向が強くなります。

 

 

つまり「知識の提供」という商品は、売る側も買う側も、お互い満足しやすいという性質があるのです。

 

 

いっけんすると、みんな満足。「その何が問題なの?と言われてしまいそうですが、ところが、ここに落とし穴があったのではないかと私は考えています。

 

 

高いお金を払って「知識」を得た生徒たちは、それで満足しているにもかかわらず、いっこうに本人の実力が上がって行かないことも珍しくないのです。

 

 

 週何日も塾に行っているのに成績が上がらない。通信教育の会社から毎月たくさんテキストが届くのに成績が上がらない。家庭教師をつけて個別に教えてもらっているのに成績が上がらない。数千円~数万円もする勉強法の教材をたくさん買っているのに成績が上がらない。

 

周りの友達を見渡せば、すぐにそんな友人の2~3人くらいは見つかるでしょう。

 

 

つまり、授業・勉強法・各種ノウハウなどの「知識を提供してくれるサービス」に多額のお金を払っているにも関わらず、いっこうに成績が伸びていない受験生・高校生たちが、日本中にゴマンといるという恐ろしい現実があります。

 

 

実はこれは不思議でもなんでもなく、「本質を外している」から、そういうことになるのです。

 

 

 

あなたの実力(成績)を向上させるために、一番重要なことは何か?

 

 

 

受験勉強の本質とは、先にも書いたとおり

 

「目標を立て、計画を作成し、それを確実に実行していくこと」

 

であり、「自学自習における計画の実行力」こそが、実力の向上を一番左右するポイントなのです。

 

 

もちろん、受験勉強において知識を学ぶことが重要なのは当然です。

 

 

しかし、長年にわたり受験生がその部分にのみ焦点を当てたサポートばかりに受け続けてきた結果、

いつのまにか誰もが

 

 

「素晴らしい知識(=授業・テキスト・ノウハウ)を手に入れること」

 

「大量の知識(=授業・テキスト・ノウハウ)の提供を受けること」

 

 

が実力を向上させる「最重要ポイント」だと勘違いしてしまってはいないでしょうか。

 

 

でも、本当に大事なのは、知識をしっかり身につけるための「自学自習の計画の実行力」なのです。

 

 

「どんな参考書をやるべきか?」より

「どれだけ計画を実行できるか?」が

一番問われる

 

 

 

受験勉強において、ほとんどの受験生たちは「どんな参考書・問題集をやればいいのか」くらいは、ある時点からはもうわかっているわけです。

 

 

もちろん最初は知らないわけですが、そんなものはネットや本、周囲の友達・先輩などを通して少し調べたら、すぐにわかります。

 

 

今の時代は、世の中にいい参考書、いい問題集は山のようにあふれています。その中のどれを使えばいいかという情報も、ネットでも本でもたくさん見つけられます。アマゾンを見れば参考書を使った人のレビューもたくさん書かれています。

 

 

「よりいい参考書探し」「よりいい問題集選び」に、いつまでも時間をかけるのではなく、「選んだ参考書(問題集)を、完璧になるまで繰り返す」ことが、受験においては何よりも大事なのです。

 

 

つまり、一番問われるのは、「どんな参考書・問題集をやるべきかの知識」ではなく、「どれだけ計画をやり遂げられるかという実行力」

 

 

何度もいいますが、その「実行力」こそが受験の99%を占める重要度なのであり、その「実行力」で一番差がつくのであり、その「実行力」によって最終的な勝負が決まるのです。

 

 

にもかかわらず、その部分を徹底的にフォローする仕組みが、これまでどこにも存在しませんでした。

 

 

 

「ノウハウからの学び」は受験全体の1%以下にすぎない

 

 

 

冷静に考えてみてほしいのですが、勉強法の研究やノウハウ・参考書情報など、そういった知識を学ぶ時間は、「受験勉強全体」のいったい何%を占めるでしょうか。

 

 

それらに費やす割合など、受験全体に占める1%以下でしかありません。

 

 

1%以下でしかないものに、多くの受験生・高校生たちはたくさんのお金をつぎ込んでしまっています。1%以下でしかない存在を、90%くらいの重要だと思って大金を注いでいたりするわけです。

 

 

受験生活で費やす総時間のうち、「自学自習の計画の実行」が99%を占め、残りのノウハウや知識からの学びの時間は1%以下にしかすぎないのです。

 

 

 

「日常生活に変革を起こす」以外に、合格への最短距離は存在しない

 

 

 

あなたはセミナーや合宿セミナーのようなものに参加されたことはあるでしょうか?これらに参加すると、実際に人が集まって顔を合わすことで、モチベーションがそれなりに高まります。

 

 

私も数えきれないくらい参加してきましたし、DVDセミナーのようなものもたくさん見ました。が、この手のセミナー・合宿で、盛り上がっていれば盛り上がっているほど、私は「危険だなぁ」と思ってしまうのです。

 

 

なぜなら、賑やかにワイワイ集まって盛り上がったところで、本当に大事なのは、そのセミナーなり合宿が終わったあとに延々と続く「日常生活のすごし方」だからです。

 

 

人が集まってみんなで盛り上がるのは簡単です。また主催者としては、盛り上げた方がお客様に満足してもらいやすくなります。よって、世間にはやたら盛り上がるセミナーなども少なくありません。それで、みんな満足して丸く収まるからです。

 

 

ところが、この「盛り上がり」「賑やかさ」も、先ほどの話と同様、みんながそれで満足してしまうところに、落とし穴があると私は思っています。

 

 

なぜなら、それは実力を上げるための本質では全くないからです。受験勉強にとってもっとも大事な時間は、盛り上がったセミナーでも合宿でもなく、ふだんの日常生活の中にしかありえません。

 

 

その日常生活の中で送る、地味な、地道な、自分との戦い(自学自習)こそが、そしてその生産性こそが、もっとも受験の結果を左右する、本当の勝負所なのです。

 

 

何かのイベントで超盛り上がってやる気が出た。その後、日常生活に戻ってしばらくしたら「あんなに超盛り上がったのに、全然やることやれてないやんオレ(T_T)」みたいな茶番を、いったいいつまで続けるつもりでしょうか?

 

 

私はこういう本質がズレまくった“無駄な盛り上がり”が大嫌いなタチなので(「盛り上がること」それ自体が目的の飲み会とかならいいですが)、

 

 

本当の戦いの場である“日常生活に変革を起こすこと”にしか、まったく興味が湧きませんでした。私のこのワイガヤを嫌うひねくれた(?)性格のおかげで、結果的にOCPを生むことができました。

 

 

結局のところ、いくら知識やノウハウに大金を払ったところで、各種イベントで超盛り上がってみたところで、

 

 

受験勉強の戦いの99%は日常生活の中にあり、それはつまり地道にやるしかない自学自習であり、その実行力と、目標の達成率のみが、勝負を決するのです。

 

 

もし受験生がサポートを受けるならその「日常生活」「自学自習」の部分であり、お金を投資するならそのポイントであるべきなのです。いつ、そのことに多くの人は気づくのでしょうか?

 

 

 

「自学自習における計画の実行力」を高めること1点に特化した、唯一のサービス

 

 

 

上記のとおり、私は知識の重要性を決して否定しません。が、これまでの教育業界、少なくとも私がいる受験業界というのは、受験生にとって知識以上にはるかに重要なもの(=計画の実行力)があるにもかかわらず、

 

 

それをサポートするサービスを生み出せず、「知識の提供」というある意味でわかりやすいサービスにばかり偏っていました。

 

 

業界における、このサービスの「極端な偏り」こそが、個人的には非常に問題だったのではないかと思っています。

 

 

長年における私のこのような問題意識から、OCPは誕生しました。受験生にとって「そこそこ重要」でしかない知識・ノウハウの提供ではなく、

 

 

ダントツでもっとも重要である「自学自習における計画の実行力を高める」こと、ただその1点だけに専門特化した、日本唯一のサービス

 

 

がOCPなのです。

 

あなたはまだ知識にお金を払い続けますか?それとも「計画の実行力を極限まで高めること」にお金を投資しますか?

 

 

大切なお金を投資すべきポイントを、ぜひ間違えないでほしいと心の底から思います。あなたが合格するためにもっとも必要なことは、「知識(ノウハウ)」ではなく「実行力」なのですから。

 

 

OCPはあなたの実行力を高めるためのサポートを、あなたが勉強する全教科全科目にわたって行います。

 

 

しかも1ヶ月の全日にわたりサポートいたします。システム自体も、24時間いつでも利用できます。

 

 

この意味においても、おそらく日本唯一にして、もっともコストパフォーマンスの高いサービスに違いありません。

 

 

もちろん、塾・予備校に通いながら、あるいは通信教育を受けながらでも、OCPを利用することも可能です。

 

実際、昨年のOCP利用者の半数ほどは塾や予備校、通信教育を利用しながらOCPに参加されていました。それでいいのです。

 

 

もともと「知識を提供するサービス」「実行力をつけるサービス」は、なんらバッティングするものでもなく、上記のとおり重要度の違いこそあると考えますが、

 

ともに必要な「車の両輪」にも近いものであり、両方一緒にやっていくことは可能です。ようするに、比重を間違えてはいけない、というだけの話なのです。

 

 

大事なところなので再度繰り返しますが、知識の提供を受けることばかりに「極端に偏る」ことが問題だったのです。すでに「知識」を学べる環境ならば、あとは「実行力」をつけるだけです。

 

 

OCPは全教科全科目、1年365日、24時間を通し、厳格な規律とルールとチェック体制のもとで、あなたの受験勉強における生産性アップを最大限にサポートさせていただきます。

 
 

 

 

 

全52回の特別音声セミナーで、プロのコーチがあなたの勉強計画を強力にサポート

 

 

 

OCPでは、あなたの勉強計画をしっかりとサポートするために、「OCP特別音声セミナー」をメンバーにお届けします。

これは、あなたの「自学自習の計画の達成率を極限まで高める」ことを目的として、それを実現するための数多くの秘訣を私がお伝えするオンライン上の音声セミナーになります。


(OCP特別音声セミナーはオンライン配信です。ファイル形式はもっとも一般的なMP3ファイルでお届けしますので、ほとんどのPCやスマホでお聴きいただけます。ただし自分のPC・スマホでMP3ファイルの音声が聴けるかどうかわからない方は、念のためメーカーや携帯キャリアなどへ確認しておくことをお勧めします)


あなたがOCPの利用をスタートした日から、みっちりと全52回の特別音声セミナーを定期的にお届けし、あなたが「自学自習の計画の達成率を極限まで高める」ことができるように強力にサポートしていきます。


1回の音声セミナーの時間も、ほとんどが5分前後~10分前後ですので、休み時間や電車の中などの空き時間にお聴きいただける長さになっています。


このOCP特別音声セミナーにより、あなたは高いモチベーションを維持して受験勉強に取り組めるだけでなく、私がマンツーマンであなたに「自学自習の計画の達成率を極限まで高める」ための具体的な方法・秘策・コツを伝授していきます。


全52回配信されるこの特別音声セミナーを聴きながら、同じ志を持つ前向きな仲間とともに、OCPのシステムを真剣に利用してみてください。


このOCPという環境を十二分に利用して、本気で自分自身と闘ってみてください。


必ずあなたは変わることができます。私はこれまで数え切れないくらいそんな大変身するメンバーを見てきました。数え切れないくらいの「OCPで変わることができました!」というご感想も頂いてきました。だから断言できます。


付け加えると、それらのご感想を頂いたのは旧システムのメンバーの方からです。そのメンバーたちが利用してた頃は、OCPの機能・システムもまだ今ほどの仕様ではなく、当時はOCP特別音声セミナーも配信していません。


それでも数え切れないくらいの受験生たちがOCPで変わることができました。今回からの新OCPに参加するあなたなら、バージョンアップした新システム+全52回の特別音声セミナーのバックアップと仲間とのつながりにより、間違いなく理想の自分になれます。

 

 

 

 


 

 

※備考 OCP特別音声セミナーの配信は全52回です。

 

※備考2 「OCP特別音声セミナー」や「OCPのルール解説」は、音声でお届けします。

音声のファイル形式は一般的なMP3ファイルですので、PCやスマートホンでお聴きいただけます。

 

ただこれまで一度もPCやスマートホンで何らかの音声をお聴きになったことがない方は、念のため事前にご自身の機器でMP3音声が聴けるかどうかご確認下さい。

 


 

 

 

 

スペシャル特典1

 

英語の長文問題を解くスピードを飛躍的にアップさせる方法(15,000円相当)

 

 

 

難関大学合格者のごくごく一部の人だけが知っている、英語の長文読解問題を劇的なスピードで解くことができるウルトラCのテクニックを音声データでお教えします。長文の長さが長ければ長いほど有効になります。

 

 

とくにセンター試験や私立大学の方には、本当に驚くほど長文読解の問題を解くまでの時間が短縮されます。いわゆる速読法のような訓練が必要なものではありません。試験前日にこのノウハウを聞いても、翌日の試験で劇的な効果を発揮するノウハウです。

 

 

これは単に長文自体を早く読むだけでなく、「問題を解く」というプロセスまで含めて、劇的にスピードが上がる方法です。

 

 

たぶんこの説明だけでは信じられないかもしれませんが、本当にそういうノウハウが存在します。

 

 

私はこのノウハウを数万円をかけて手に入れました。これを知らなかったら決して複数の難関大学には合格できなかったと断言できます。

 

 

今回その極秘ノウハウをあなたに特典としてプレゼントします。ハッキリ言って、絶対にライバルには教えたくないほどのすごいノウハウです。

 

 

正直、この方法を知るだけでもOCPに参加する価値があるかもしれません(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「この音声を聞いたあとは驚愕しました」

 

中西先生からOCP会員にのみプレゼントされた特別音声があるのですが、これも凄かったですね。

 

色々プレゼントされのですが、やはりセンター試験前に頂いた「英語長文の解き方」これは特に印象深いです。

 

まず、自分はこの解き方を誰にも教わることなく過ごしていたので、この音声データを聞いたあとは驚愕しました。

 

すぐにこの方法を試し、英語の長文が苦手だったのですが、本当に効果がありました。

 

 

 

スペシャル特典2

 

 

仕組みで集中する!究極の自己管理術(7500円相当、音声2時間分)

 

    

 

 


 OCPを運営する早稲田集中力研究会では、2万円の「3日間集中力向上プログラム」という音声CDを販売しています。

 

 

音声CDを聞くだけで、その名の通り、わずか3日間で勉強の集中力を飛躍的にアップさせるプログラムで、1日目、2日目、3日目とCDが3ケースにわかれています。

 

このプログラムの「3日目」に当たるCD2枚に収録された「自己管理」に関するテクニックを収録した2時間半の音声データを、今回のOCP参加者の方にプレゼントします。

 

 

3ケース2万円で販売している商品ですので、「3日目」だけを単品で販売する場合、価格は7,500円になります。この7,500円の商品を今回だけ特別に差し上げます。

 

 

 

「録音し、何度も聴いています」

 

自己管理術の音声を録音し、何度も聴いています。なぜ集中できないかがわかり、工夫するだけで勉強に対するイメージも変わりました。

 

 

 

スペシャル特典3

 

 

脳を賢く使う記憶術(5000円相当、音声)

 

   

 

 

 


こちらも同じく3日間集中力向上プログラムにて提供している特典です。数々の記憶法の中から、とくに受験において絶対知っておいた方がいい記憶ノウハウをご紹介した45分の音声CDです。

 

こちらの音声データを、今回の参加者の方全員にプレゼントします。

 

 

 

さらに今回は、期間限定で特別プレゼントをご用意しました!

 

それは「センター試験直前対策マニュアル」(PDF、全100ページ、7,000円相当)です。

 

 

 

 

 

この特典は、昨年、OCPメンバーにセンター試験直前に配布した


「センター試験の直前にチェックすべき全確認事項」


をまとめたマニュアルに大幅に加筆修正を加え、全100ページにわたって詳細に解説したマニュアルとなっています。

 

 

センター試験直前期~前日・当日においてどんな点に注意すべきかをまとめた内容です。

 

「科目の傾向と対策」といったものではなく、センター直前期の勉強法からマインドセット、試験本番において想定されるリスクや注意事項・確認すべき点をすべてピックアップし、それについての事前の対策と準備内容などをまとめたものです。


全100ページにわたって、試験直前と当日においてチェックすべきポイントを説明しており、これだけで7000円相当の価値のあるレポートとなっています。


なお、タイトルは「センター試験」と題していますが、二次試験、資格試験を含めた、あらゆる「受験の本番直前期」において役立つマニュアルとなっています。


(模試や定期テストではなく、あくまで試験「本番」向けの内容です)

入試や資格試験の本番直前には、必ず一度はこれに目を通しておいてほしいと思います。

 

このマニュアルに掲載されたチェックをしておくだけで、本番の結果が著しく変わるレベルの非常に重要なチェック項目をすべて集めたマニュアルです。

 

 

 

以上、総計30,000円相当もの特典を、今回のOCP参加者の方に無料でプレゼントさせていただきます。

 

 

これが、今回のOCPのサービス内容になります。

 

最後に、今回のOCPに参加した場合に、あなたが得られるものをまとめますと

 

 

 

 

 

日々のあらゆる目標の達成率が飛躍的にアップします。

 

その結果、合格するために必要な勉強計画を、極めて高い確率で予定通り進めることができるようになります。

 

 残りの受験生活をあなたの最高レベルの生産性で過ごすことができます。

 

受験勉強を飛躍させ、本番でも大いに役立つ30,000円相当の特典が手に入ります。

 

勉強のモチベーションが、常に最高レベルを維持できます。

 

調子の悪いときでも、モチベーションが一定レベル以下に下がることはありません。

 

 

Todoリストを1日中強く意識できるため、1日の時間の使い方が飛躍的に向上します。

 

ほとんどの受験生が襲われる精神面での不安や焦り、孤独を最小限に抑えることができます。

 一緒に受験を乗り越えていく生涯の仲間が得られます。

 

まだOCPに参加したことがない方にとっては、おそらく想像以上の大きな効果を得ることになると思います。

 

実際、昨年のOCPメンバーの受験生の女の子からの感想に、こんな言葉がありました。

 

 

 「皆さんが思っているより、ずっと効果のあるもの」

 

OCPは、きっと皆さんが思っているより、ずっと効果のあるものだと私は断言できます!(笑)。

 

私自身、始める前はこんなに効果絶大だとは思っていませんでした。本当にお薦めです。夢を叶えるためにもぜひ参加して、効果を知って欲しいと思います。

  

 

 

 

         繰り返しますが、OCPでは、毎日の

 

 

グループ仲間からの見られている感

他のOCPメンバーからの見られている感

OCP運営側からの見られている感

 

 

といったトリプル体制による「人に見られている感」に加え、グループ制などによる

 

 

恥をかきたくない心理

他人によく思われたい心理

頑張っている人に負けたくない心理

同じ目標を持つ仲間とつながりたい心理

人に褒められたい心理

ご褒美を味わいたい心理

 

といった、誰もが持つモチベーションに関わる心理を極限まで巧妙に利用し、

 

ありとあらゆる角度から、あなたの受験勉強の生産性を、極限までアップさせる仕組みを導入しています。

 

 

あとは、あなたの

 

「志望校に絶対合格したい!」「必ず受験生活を最高の充実度にしたい!」「勉強の生産性を上げたい!」という強い決意

 

だけが必要です。

 

 

上にも書きましたが、その決意・切実さだけが今回のOCPの参加条件になります。

 

 

その決意さえあれば、OCPのシステムはあなたの持てる潜在能力を最大限に引き出し、

 

あなたが志望校へ合格する可能性を、考えられる最高のレベルまで高め

 

 

数ヵ月後には“奇跡”を起こすことができるのです。

 

 

 

 

 

OCPの価格について

 

 

お待たせしました。それでは今回のOCPの価格についてお話します。

 

今回の価格の決定までに、私の中で1つのドラマがありました。

 

その一部始終も含めて、ぜひ以下の内容をじっくりお読みいただきたいと思います。

 

 

 

メンバーアンケートで「月額3万円以上が最適」という結果に

 

 

今回のOCPでは、これまでの基本的な設計思想を踏襲しながらも、全く新しい独自のシステムを導入しています。

 

 

そのため、このシステムの維持・運営に毎月高額のシステム運営費(人件費含む)が発生することになりました。

 

  

内容的にはOCPはこれまでよりも大幅にバージョンアップしたわけですが、その代償として、多大な経費が毎月必ず発生することになってしまったのです。

 

 

この多大な費用が毎月かかるバージョンアップ版OCPの料金を、一体いくらにすればいいのか。私は迷いに迷いました。

 

 

 ちなみに、初年度のOCPオンライン合宿という企画では2週間15,000円という価格でした。つまり1ヶ月に換算すると3万円ですから、3ヶ月換算だと9万円/3ヶ月になります。

  

 

今回のOCPは、過去の高い効果が出ている部分の基本設計はそのままに、さらに使いやすさを圧倒的にアップさせた新機能・新システムを導入し、

 

 

これまでとは比較にならないくらいに「使い勝手の良さ」「高い効果」を実感できるものとなっています。

 

 

またOCPは、塾のように1教科だけとか、週1~2日利用するようなサービスでもなく、 

 

 

全教科全科目にわたって、1ヶ月間まるまる全日程を、システムでサポートさせていただく類例のないサービス

 

 

になっています。システム自体も24時間利用可能です。

 

 

それらの点を総合的に考えると、月額5万円程度も十分にご納得頂けるサービス内容なっています。

 

 

私はOCPを開始した初年度に、全メンバーを対象に、OCPについてのアンケートを実施したのですが、

 

 

このとき「月額料金として最適だと思う金額は?」という項目に、多くのメンバーたちが3万円以上」を選択してくれました。

 

 

この結果は、利用されたことがない人は「高いのでは?」と感じるかもしれませんが、実際に利用しているメンバーの実感としては、旧OCPであっても、それくらいの価値が十分あったということです。

 

 

では、今回のバージョンアップ版OCPの料金は、やはり遠慮なく最適価格帯である月額3万円としてご提供すべきか。

 

 

あるいはアンケート結果を考慮して、何とかがんばってもう少し抑えるべきか。

 

 

 

家庭教師には「1万円/時間」もかかる教育費の現実

 

 

 

ちなみに、通常、塾や予備校では、4~5日の講習で10万円の授業料が発生することも珍しくありません。

 

 

また家庭教師ですと、大学受験生向けであればわずか1時間で1万円の授業料となることも珍しくなく、

 

1回、1科目の授業を受けるだけでも、月5万円以上となることもよくあります。

 

 

それら一般の教育サービスと比べ、OCPでは、毎日欠かさずあなたの自学自習を全科目にわたってサポートし、週間目標という1週間単位でのチェック機能も使って、

 

あなたが作成した受験勉強の計画の達成率を飛躍的に高めます。

 

 

さらに勉強の終了報告等の各種システムによって、生活習慣すらも全般的に改善できる仕組みを取り入れています。

 

 

もちろん、OCPの料金は1科目だけに該当する料金ではなく、あなたの受験勉強における「全科目の生産性」を総合的に最大限のレベルまで引き上げることができる料金となります。

 

 

このシステムを、夢に向かって前向きに日々勉強するレベルの高い仲間とともに、1ヶ月間ずっと、24時間いつでも自由に朝から晩まで利用できる金額として、いったいいくらが妥当なのか。

 

私は何週間にもわたり、悩みに悩みました。

 

 

今回の新システムは、昨年度までとは比較にならないほど飛躍的にバージョンアップした数多くの新機能を追加し、使い勝手も向上しました。

 

(テストメンバーへのヒアリング調査で、昨年度のOCPと比較して使いやすさが70%アップという大幅な機能向上効果の実現)

 

この新システムに加えて、今回は全52回のOCP特別音声セミナーを追加し、あなたの「自学自習の計画の達成率」を極限まで高めるバックアップ体制を整えました。

 

また、今回は新システムに数百万円の開発費がかかっている上、その運営においては毎月多大なシステム経費も今後毎月かかってしまいます。

 

これらに加え、世間における塾・予備校・家庭教師など、他の教育サービスにおける価格の相場

 さらに、これまでのOCP合宿の価格や、OCP生へのアンケート結果などを総合的に踏まえて判断しますと

 

 

月額4万円が妥当だという結論に至りました。

 

 

OCPを高額にして儲けるのは簡単。でも、このまま裕福な家庭だけが得をする「教育格差社会」でいいのか

 

 

ところが、よく考えてみると、この金額では一部の裕福なご家庭にしかOCPをご利用いただけない可能性が高いです。

 

 

家庭教師や塾の講習に、月額としてそれ以上をはらっていらっしゃるご家庭も、世の中には数え切れないくらいにたくさんあるわけですが、やはり全体からみれば毎月それだけの金額を出せるご家庭はそれほど多くないはずです。

 

 

そこで、今回のOCPは、OCPのアンケート結果を基準に、月額30,000円(税込にさせていただくことにしました。

 

 

 

ところが数日後、私はふと過去のあることを思い出してしまったのです。

 

 

私の実家は私が受験生当時、滋賀県のある地域で、小さなお土産物屋を経営していました(ちなみに、この観光業界というのは景気の影響をモロに受けてしまう業界です)。

 

 

私が受験生の頃も、お店は不景気の影響をモロに受け、経営は極めて厳しいものがありました。

今だからこそいえますが、倒産寸前の状況だったのです。電気や水道を少しでも無駄に使ったら、父親に激怒されたのをよく憶えています。

 

 

ようするに、私の実家は水道光熱費の支払いすら危うい状況まで来ていたのです。

 

 

貧乏だったあの当時、ウチの実家は月額いくらなら払えただろう?

 

 

私は、ふと思いました。あの頃、私の時代にもしOCPがあったとしたら、月額3万円を私の親は出せただろうか?

・・・この答えが出るのに時間はかかりませんでした。絶対に、当時のうちの家計では月3万円は払えなかったのです。

 

 

それを考えたとき、当時の私の実家と同じように、家計に苦しみながら、受験勉強に励もうとしている受験生は、今もきっと日本中にたくさんいるはずです。

 

 

また、自分の息子・娘を「何とかしていい大学に行かせてやりたい」と願っている、私の両親と同じような親御さんも、きっと全国にたくさんいるはずなのです。

 

 

それを考えたとき、果たして月額3万円にして、一部の裕福なご家庭だけに、このOCPというサービスを提供するようなことでいいのだろうか、と自問自答せずにはいられませんでした。

 

 これが他の業界のサービス・商品なら、裕福なご家庭にだけサービスを提供して、儲けを優先するのもいいのでしょう。料金を上げれば、利用者数が減っても売上が上がるというのがマーケのセオリーなわけです。

 

 

しかし、です。私が扱うこのOCPは「教育サービス」なのです。それも、いまだかつてなかった、100%の利用者が高い効果を実感できる、比類無きシステムです。

 

 

これをただ「儲かるから」という理由だけで、富裕層だけに届けて、お金のある一部の家庭と当会だけが、オイシイ思いをする。

 

人数が少なければ、非常に煩雑な運営の事務作業も減りますから、当会はとても楽になります。しかも利益率は上がって相当儲かります。

 

少人数の裕福なメンバーから高額の料金をとって、ラクに楽しく運営するのはとても簡単です。

 

メンバーにも感謝されながら、今流行りの自由なライフスタイルを満喫し、南国あたりへ海外旅行に行きつつ、「自由な億万長者になろう!」みたいな本を時々出してみる。そんな事業展開をしても、私は誰にも文句は言われません。

 

 

でも、OCPというサービスが、そんな少数の富裕層向けサービスでいいのだろうか?

 

 

・・・いや、いいわけがないのです。そんな商売のどこに“志”があるのでしょうか。

 

 

私は決めました。

 

 

苦悶の日々・・・「日本一効果の高い」教育システムを、誰もが払える価格で提供できる方法はないか?

 

 

私が決めたこと。

 

それは、この史上もっとも受験生の実力を飛躍させる教育システムを、

物理的に可能なところまで低価格で抑えることにしよう、ということです。

 

 

そこから、ほぼ完成していたバージョンアップ版OCPのシステムを、再度あらゆる角度から総点検し直すという、気の遠くなる作業に入りました。ここから、戦いが始まりました。

 

もっと改善できないか?もっと低い経費で、もっと効果を上げる仕組みにできないか?

 

 

考えに考え抜き、受験生にはやるなと言っている徹夜を何日もし続け、限界まで改善と修正を繰り返しました。睡眠不足と頭の使いすぎで、何度激しい頭痛に襲われたかわかりません。

 

 

そして数週間にわたる苦労の末、かなり苦しいながらも月額20,000円という所まで、ようやくメドをつけることに成功したのです。

 

 

でも、いくらバージョンアップして大幅にその効果が高まったとは言え、、この金額なら既存の教育サービスとまだそこまでの違いはありません。

 

 

どうせやるなら、限界に挑戦したい。そして、一人でも多くの受験生や高校生、資格試験を目指す方々に、この素晴らしいサービスをもっと利用してもらい、自分自身の夢を実現して行ってもらいたい。

 

 

そのためには、なんとかして、もう少し価格を抑えるべきだと考えました。

 

この月額20,000円の限界値からさらに下げるためには、一体どうすればいいのか?

 

 

 

大幅にバージョンアップした新OCPの価格

 

 

人間、知恵を限界までふり絞って考えれば、浮かぶものですね。

 

ある日、私が日ごろお世話になっている信頼している方から、システムに関するある貴重な情報を教えて頂いたのをきっかけに、その数時間後、神様から事業に関する途方もないアイデアをプレゼントしていただきました。

そしてそのアイデアを皮切りに、続々と低価格化を実現させる関連アイデアが浮かんで行ったのです。たぶん、我欲ではなく志を判断基準にして動いたから、神様がご褒美をくださったのだと思います

 

 

もちろんそのアイデアに関してはここまでの説明で一切触れていませんし、かなり複雑なシステムに関わる部分なのでこれ以上は言えません。詳細は、当然企業秘密です。

 

 

このシステム上のバージョンアップに関する複数のアイデアが出た結果、今回のOCPは、先ほどの月額20,000円から 

 

 

月額15,000円(税込)

 

 

 

から、さらなる値下げに成功し、

 

 

行き着いた結論は、

 

 

 

月額9,800円(税込)

 

 

 

という金額から、さらに再度検討し直し

 

 

最終的には・・・

 

 

 

 

月額5,000円(税込)

 

 

 

 

という、ほぼ限界に近い低価格にさせていただくことが出来ました!

 

 

 

この月額5,000円(税込)がバージョンアップ版OCPの料金になります。

 

 

 

初年度の旧システムですら月額15,000円でご参加頂いてましたので、この金額を初年度にOCPに参加した元メンバーの方が知ったら怒られてしまうことでしょう。

 

 

正直、この月額料金は、一般の教育サービスと比較すると、ありえない価格だと思います。家庭教師であればわずか30分の授業でチャージされてしまう金額です。他のサービスが30分で徴収している金額で、OCPは丸1ヶ月間毎日利用することができ、全科目にわたって受験勉強の生産性アップに利用することができます。

 

 

月額5,000円という料金が、全教科全科目の生産性を飛躍的に向上させ、1ヶ月間、毎日欠かすことなく利用できるシステムの金額と考えたとき、

 

おそらくこれ以上にコストパフォーマンス(投資した費用に対する効果の割合)が高い教育サービスは、日本中探しても見当たらないはずです。

 

 

 

もう一度、よくお考えいただきたいのですが、

 

 

 

過去2年で利用した400名以上の受験生・高校生・資格試験受験生によって、

すでにその効果の高さが証明されている。

週1~2日ではなく「1ヶ月間の全日程」で、受験勉強の生産性アップを実現できる

24時間365日いつでも使える。さらに同じ目的を持つ仲間も得られる。

初年度から2年連続で東大生を初めとする、難関大学、難関国家試験合格者を輩出。

 

 

このOCPと同じレベルのコストパフォーマンスを得られる品質のサービスを、わずか月額5000円という値段で利用することができる教育サービスが、一体、この日本国内のどこにあるでしょうか?

 

 

もし、私以外の誰かがこのサービスを開発していたら、最低でも月額3万円以上のサービスになってたのは間違いありません。でも、私はそうしませんでした。それが私の志です。

 

 

きっとこの金額であれば、私が受験生だった頃と同じような家計の苦しいご家庭でも、なんとかやりくりしてご参加いただけるはずです。

 

 

また、今はまだお金があまりない資格試験受験生の方でも、なんとか捻出できる価格だと思います。

 

時給850円のアルバイトでも、6時間で稼げてしまう金額です。1日3時間だけのシフトだったとしても、2回出勤するだけで回収できる価格になっています。

 

 

これで、一人でも多くの、全国の受験生・高校生、資格試験受験生の方を救えることになるはずです。

 

 

 

ただし、最初に入会金+事務手数料だけ頂きます。

 

 

大変申し訳ありませんが、今回は月額料金を限界まで低額にさせていただいた分、システム開発費、事務手数料、システム運営経費、広告費を始めとした初期費用をまかなうことが非常に難しくなってしまいました。

 

 

そこで、大変恐縮ではありますが、最初の入会時にのみ、入会金として21,000円、事務手数料9,800円をいただくことにしました。

 

 

つまり、入会した初月にお支払いいただく初期費用は

 

 

入会金21,000円+事務手数料9,800円+月額5000円

 

 

= 35,800円(税込)

 

 

 となります。

 

 

期間限定!

「入会金無料キャンペーン」を実施します!

 

 

上記のとおり、今回のOCPでは月額料金を、業界でも例を見ないレベルの圧倒的な低価格に抑えさせていただいた分、最初に入会金を頂く形となっています。

 

 

したがって、あなたにお支払いただく初期費用は通常価格計35,800円(税込)です。ただし、

 

 

 

今回ご参加いただく方に限り、新システムへご参加頂くお礼としてこの初期費用のうち、

 

入会金の21,000円分は、当会が全額負担することに致しました。

 

 

   

 

さらに今なら「初月利用料」も無料に!

 

 

    今回は上記の通り入会金21,000円を無料とさせていただきましたが、
    さらに期間限定ではありますが、今回に限り追加特典としまして


       お申込み頂いた「初月分の利用料」も無料!


    という非常にお得なキャンペーンも同時開催いたします。


    たとえば、6月7日にお申込みいただいた場合は6月末までのOCP利用料が
    すべて無料になります。


      (詳しくは以下のボタンから入る「お申込みページ」をご確認下さい)
 
 

 

 

 

お申し込みについて

 

  

それでは最後に、OCPのサービスについてまとめましょう。

 

 

【目的】 受験の合否を左右する最大のポイントである

     「自学自習における計画の達成率」を極限まで高める

 

  

【対象】 大学受験生、資格試験受験生、高校1~2年生、中学3年生(その他、毎日のTodoリストの達成率を最大に高めたい方、仲間と共に目標を達成したい方)

 

【サービス内容】 

 
1、OCPの会員限定システムの利用
 
2、「自学自習の計画の達成率を高める方法」を学ぶOCP特別音声セミナー
 
 =オンライン配信:全52回  MP3ファイルにてお届けします。
 

【利用日数】 利用中の全日程において、全教科の計画の達成率アップをサポート。

システムは24時間365日利用可能。

 

【スペシャル特典】 計4点、30,000円相当(詳細は上に記載)

 

【価格】 入会金21,000円+事務手数料9,800円+月額5,000円(入会翌月分)

 

     =通常価格 35,800円(税込)

 

今なら入会金無料につき、35,800円(税込)14,800円(税込)=初回分

となります。

 

※2回目以降は、月額5,000円(税込)の会員様優待価格でOCPをご利用頂けます。

 

(上記以外の、教材費、事務手数料、契約手数料、解約料等は一切かかりません。)

 

 

 

 

 

 

 

OCP(受験勉強オンラインコーチング・プログラム)

  

 

      

                                     画像はイメージです。

 


 

 

入会金21,000円+事務手数料9,800円+月額5,000円35,800円

 

ただいま入会金無料キャンペーン実施中につき 

 

入会金21,000円 ⇒ 今なら全額無料

 

 

 

 35,800円 ⇒ 14,800円(初月無料)

 
 

 
 
    1、OCP会員限定システムの利用
 
    2、「自学自習の計画の達成率を極限まで高める方法」を学ぶ
    
         OCP特別音声セミナー(全52回、オンライン配信)
 
   3、スペシャル特典 30,000円相当(音声3時間、特別レポート等4点)
 

 

 


 

 

※2回目より「月毎のお支払い」「会員様優待価格」となりさらにお得です。

 

      

      月額5,000円(税込)

 

 

 
上のボタンを押すと、お申込み詳細ページへ移動します。

 

 

 
 

入会金無料キャンペーン・初月無料キャンペーンは後日予告なく終了致します。ご了承下さい。

 

 

 

 
 

 

 

塾や予備校に通いながら、OCPに参加できますか?

参加可能です。昨年度も多数の受験生が、塾や予備校に通いながら、あるいは通信教育を受けながらOCPに参加されていました。

 

たとえば予備校を2つ行く掛け持ちすることは難しいですが、OCPは「計画の実行力を高める」システムのため、他の教育サービスを利用しながら、参加していただけます。

 

 

資格試験受験生ですが、参加できますか?

参加可能です。これまでOCPにはたくさんの資格試験を受験する社会人の方や大学院生の方がいました。また、OCPはグループ制ですが、大学受験生と資格試験受験生が同じグループになって、一緒にシステムを利用することは何1つ問題なく可能です。

 

<追記>

 

2012年5月にスタートしたOCP2012年度では、資格試験の受験で参加されている社会人・大学生の方が全体の約4割を占めました。資格試験の方の年齢層は20代~40代後半の方まで幅広くご利用いただいております。

 

 

パソコンが無いのですが、携帯電話・スマートホンだけでも参加できますか?またPS3(プレイステーション3)で利用できますか?

スマートホンでのご利用が可能です(スマートホンではない携帯電話、いわゆる「ガラパゴス携帯(ガラケー)」はご利用いただけません)

 

OCPでは日々の報告がありますので、文章入力をする場合はパソコンで書き込んだ方が入力スピードが早いと思いますが、

 

2013年度の新システムからは、スマートホンを使ってほとんど文章入力なしで、大半のやりとりをすることが可能になりました。

 

したがって、スマートホンで日頃メールなどの文章入力をされている方であれば、スマートホンだけでも十分OCPをご利用頂くことが可能です。

 

ただしOCPのルール説明は音声(MP3形式)にて行っておりますので、パソコンをお持ちでない方は、スマホでルール解説音声を聴きながらOCPのサイト画面を開けて頂く形になります。

 

 

PS3については、文章入力をするためのキーボード(800~1000円程度でも使いやすいキーボードはたくさん販売されています)をご購入いただき、PS3につなげていただければ、物理的には利用できる環境が整うかと思います。

 

ただし、当会ではPS3の動作確認は行っておりませんので、表示崩れ等が起こる可能性も否定できません。したがいましてPS3でのご利用は当会では推奨できかねます。もしご利用される場合は、その点ご了承頂いた上で自己責任の元でご利用いただくという形になります。

 

 

※参考:スマホ・PCをお持ちでない場合

 

もしスマートホンをお持ちではなく、パソコンもお持ちでない場合、

 

中古パソコンであれば、3000円台から多数販売されています。

 

 

すでにご家庭にパソコンを利用されている方がいれば、通常は新たに回線に申し込む必要もありません。

 

 

以下のサイトにて、格安の3000円台から中古パソコンが見つけられます。

 

1万円も出せば、かなりいい中古パソコンが手に入ります。また、新品であっても2~3万円台でたくさん売っています。

 

アマゾンソフマップなどの販売サイトや、価格コムなどの商品比較サイトで「中古パソコン」などと検索すれば、たくさん出てきます。

 

とくに価格コムは多数の販売サイトから、価格の安い順にノートパソコンを調べることもできるのでおススメです。

 

ここをクリックすると価格コムにて中古パソコンが安い順に並んだページが表示されます。(当会が品質を保証するものではありません。必ず自己責任の元でご購入下さい。)

 

グーグルで「中古 ノートパソコン」などと検索しても、多数の販売サイトが出てきます。ご参考下さい。

 

2ヶ月後に資格試験の受験があります。2ヶ月だけ参加は可能ですか?

はい、可能です。1ヶ月だけ、2ヶ月だけなど、ご自身の好きな期間だけご参加ください。

 

高校1~2年生、中学3年生でも参加できますか?

はい、参加可能です。これまでも高校1~2年生、中学3年生も多数参加されています。志望校が決まっていなくても全く問題ありません。

 

子育てしながらの主婦で、資格試験の受験勉強と習い事をしています。OCPを利用したいのですが出来ますか?

はい、主婦の方でも利用可能です。すでに主婦の方、子育て中の方もたくさん参加されています。資格試験も習い事も、「計画を実行する」という意味では、やることは同じなのです。

 

日々TODOリストを作り、それを処理して行く。この形式がとれるのであれば、資格試験はもちろん、どんな習い事でも家事でも、OCPは効果を発揮します。(実際1年以上、習い事の練習の際のTodoリストの達成率を上げるために、OCPを利用されている主婦の方もいらっしゃいます)

 

報告を休むことはできるのでしょうか?

はい、いつでも好きなときに、好きな期間休むことは可能です。用事があるとき、体調が悪いときは事前に報告いただければ問題ありません。

 

兄妹や家族で申し込みをすることは可能ですか?

 

はい、ご兄妹・ご家族で同時にお申込みいただくことも可能です。
ただし、その場合は1人目の方は通常のお申込ページから、2人目の方はご兄妹・ご家族の方専用のお申込みページからお申込頂く形になります。詳細はお申込みページにてご確認下さい。

 

 

 

 
上のボタンを押すと、お申込み詳細ページへ移動します。
 

 

 

 

 

 

 <最後に>

 

 

最後に、初年度、残念ながら第一志望に合格できなかった、あるOCPメンバーからの女の子から頂いた直筆のお手紙をご紹介します。

 

 

初年度のOCP利用者は150名以上という、学校の一学年にも匹敵する多数の受験生がいましたので、「やはり」というと悔しいですが、結果的に第一志望に合格できなかったメンバーもいました。

 

 

そんな第一志望に合格できなかったメンバーが、OCPにどんな感想を最後に送ってくれたのか?

 

 

合格できなかったOCPメンバーから実際に届いたお手紙を掲載しますので、

OCPに興味のある方は、ぜひ最後にご確認いただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

彼女は、第一志望こそ逃しましたが、興味のある分野が学べる大学に合格しました。

 

そして、OCPについては

 

「とても楽しく勉強できるようになったので感謝しています」

 

「意識の高いメンバーが多く『みんなでセンター楽しもう!』という空気が好きでした」

 

と書いてくれています。

 

 

初年度から東大を初め、数々の難関大学合格者、国家試験合格者、奇跡の逆転合格をした人などなど、多数の合格者を輩出したOCPですが、

 

 

参加者150名以上の中で、結果的に第一志望には行けなかった上の彼女のようなメンバーからも、OCPについての感謝のメッセージ・メール・お手紙が届いたのです

 

(他の不合格者になった方のご感想は、このページ下部からのブログの記事でもご確認いただけます。)。

 

 

 

ネットに偏見がある方は驚かれるかもしれませんが、手紙の彼女とは、私は直接的には一度も会っていません。彼女は、私とも他のOCPメンバーとも、一度も「直接には」会っていないのです。これは彼女だけでなく、OCPメンバー全員がそうです。

 

 

「ネットだけでも、心からつながれる」

 

「ネットなんかでも、飛躍的に成績が向上する」

 

 

そんな時代が到来しています。

 

 

ネットのパワーをうまく活用すれば、たとえ「ネットなんか」でも、成績が飛躍的に上がるのです。たとえ「ネットだけ」でも、心からつながれるのです。

 

 

あなたも「ネット(オンライン)」という、この文明の利器を最大限に活用して、飛躍的に自分の成績が向上していく、背筋が寒くなるほどの快感をぜひ味わってください。

 

 

OCP(受験勉強オンラインコーチング・プログラム)が、

全力であなたの「自学自習における計画の実行力」の向上をサポートさせていただきます。

 

 

 

早稲田集中力研究会 中西信博

 

 

  

 
 
上のボタンを押すと、お申込み詳細ページへ移動します。
 

 

 

 

 

 

 

その他のOCP利用者様のご感想

 

             

 以下、OCP1週間無料体験キャンペーンご参加者のご感想から一部を抜粋します。

 

 

 

 

 

<中西注>

 

以下のご感想も、あまりにも多くの方に高く評価されておりますので、信じてもらえないのではないかと心配をしております(笑)

 

当たり前ですが、すべて別人の方ですし、原文からそのまま掲載しています。

 

一人一人、本当はもっと長い文章で感想をいただいているのですが、

もうご理解いただけると思いますが、掲載するスペースがないのです。。。

 

 

このページ以外にも、当会ブログにもたくさんご感想を掲載しております。(ブログでは長めに掲載したご感想が多いです)

 

ブログのご感想へのリンク先もこのページ最下部に貼っておきますので、よろしければそちらも合わせてご覧いただければと思います。

 

<追記>

 

2012年5月から参加された2012年度メンバーの皆さんのご感想を公開しました。このページの最下部にリンクを貼っておきますので、あわせてご覧下さい。

 

 

 

では以下、初年度に実施したOCP1週間無料体験キャンペーンの参加者のご感想です。

 

(このキャンペーンのあと、非常にたくさんの方がOCPへお申し込みくださいました)。

 

 

 

 「全くやらされている感がない!」

 

こんなに勉強したのは、おそらく人生初です(笑) しかも全くやらされている感がない! 自然にやらなくちゃ、と思えるようになりました。

 

 

 

 「自分でもびっくりしました」

 

勉強時間が凄く増え自分でもびっくりしました。自分だってやればできるじゃんって。それに、こんなに勉強できるのに寧ろなんで今までできなかったんだろうって思いました。(中略)この1週間で弱い自分にサヨナラできました!(笑)OCPに参加して本当に良かったです♪

 

 

 

 「効果はすごかったです」

 

今までこんな気持ちになったことなんてなかったので自分でも驚いてます。人に見られてる感の効果はすごかったです!

 

 

 

 「こんなに出来るものだとは」

 

この一週間で本当に充実した勉強ができました!(中略)見られてるということだけで、こんなに出来るものだとは正直思ってませんでした(>_<)

 

 

 

 「折れずに頑張れたのは驚きでした」

 

正直ここまで折れずに頑張れたのは驚きでした。

いつも3日坊主の私も頑張れば出来る!本気出せば出来る!って思えました。自分でも知らなかった自分を知ることが出来ました。ホントにありがとうございました!

 

 

 

 

 「常に『やらなきゃ!』って気持ちでいられました」」

 

自分の勉強の記録が見られるので、常に「やらなきゃ!」って気持ちでいられました。恥をかきたくない、本当にこれです(笑)

 

慣れるまではぐうたらな自分的にはすごく大変でしたが、意識改革ができたのでOCPに参加できて本当によかったです!

 

 

 

 「OCP、期待以上でした!」

 

一週間ありがとうございました!OCP、期待以上でした!(中略)自分の目標をちゃんとやりきれることが、こんなに気持ちいいんだってことをOCPに参加して知ることができました!!

 

 

 

 「今まで生きてきた中で一番勉強してました(笑)」

 

このOCPに参加して本当に良かったと思ってます。自分でもこんなに勉強出来ることが分かったからです。(中略)

 

この1週間今まで生きてきた中で一番勉強してました(笑)なんか気持ち良かったです(^ω^)〓勉強するのが苦ではなくってむしろ楽しくなりました!今まででは考えられないです(>_<)

 

本当に参加することが出来たことに感謝します!!ありがとうございました!!

 

 

 

 「もっと早くにOCPに参加したかったです(泣)」

 

1週間でこんなに変われるんだ、と嬉しいのと悲しいのと・・・もっと早くにOCPに参加したかったです(泣)(中略)どんな人間かもわからない私に厳しくも優しいコメントくださって感謝してもしきれないです。もう絶対大学合格して中西さんに直接お礼が言いたいです。

 

 

 

 

 

 「勉強が楽しくさえなってきました」

 

「今回OCPに参加して毎日勉強できている自分に驚きました。勉強が楽しくさえなってきました。(中略)OCPを始める前は受験落ちるかもって弱気になっていたけど今は絶対合格してやる!!とゆう強気な気持ちになれました。

 

本当に一週間体験してみて良かったです。中西さん、本当にありがとうございました!!」

 

 

 

 

 「完璧にTodoをこなすことができました!」

 

今までTodoを作っていましたが、結局途中で「もういいんじゃないか?」なんて甘えた心で挫折し続けて最後になって慌てていた私が【毎日】、それも【完璧】にTodoをこなすことができました!!

 

 

 

 「やる気に満ち溢れています」

 

受かるかもと思いました。このままいけば受かるぞって。これはすごいことだと思います。(中略)今は、自分を信じる気持ちとやる気に満ち溢れてます!

 

こんな素晴らしい体験をすることができて、本当に嬉しいです。感謝しています! 

 

 

 

 「初めてかもしれません」

 

こんなに自分で目的意識を持って勉強したのは初めてかもしれません。(中略)無料でこんなに素晴らしい体験をさせてくださった中西コーチ、本当にありがとうごいました!

 

 

 

 

 「本当に参加してよかった」

 

一言で言うと、本当に参加してよかったなと思える一週間でした

 

 

 

 「目標を達成できたのは初めてでした」

 

今までtodoリストは作っていましたが週間目標を達成出来たのは初めてでした。この達成感は何にも代え難いです。

 

 

 

 

 
上のボタンを押すと、お申込み詳細ページへ移動します。
 

 

 

 

 

 

ここに掲載できなかった合格体験記・ご感想全文長文のご感想は、

以下のリンク先(当会ブログ)にて掲載しております。

 

 

OCP利用者さんのご感想(100名分以上)はこちらから

 

 

 

 

 

備考:ブログにて掲載されている昨年度以前のメンバーのご感想に書かれたサービス内容は、当時のOCPでしか提供していないものも一部含まれています。本ページでご紹介した内容ととほぼ同じですが、一部変更している部分もありますのでご了承ください。サービス内容についてご不明点等ありましたら、お気軽にご連絡下さいませ。

 

 

 

 

  

                            特商法の表記   個人情報保護方針